ホーム |  会員企業 |  情報開示 |  書類倉庫(会員のみ) |  お問い合わせ | 
日建経とは
一般社団法人日本建設業経営協会(略称「日建経」:Japan Association of Representative General Contructors)は、主として土木一式工事業および建築一式工事業を営む建設業者(総合建設業=ゼネコン)のうち、優良な中堅建設業者をもって組織する全国団体です。
パンフレット(PDF)
所在地
一般社団法人
日本建設業経営協会
〒135-0016
東京都江東区東陽5-30-13
東京原木会館10F
TEL.03-6458-7291
FAX.03-5690-0888



▼東京メトロ東西線「東陽町」駅徒歩6分
中央技術研究所
ログイン
ユーザー名:(会社名)

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

信頼のおける中堅建設業の構築のために
設立
日建経は昭和50年12月に設立されました。
当時、建設業界はオイルショックと政府の総需要抑制策によって厳しい試練の時機に立たされていましたが、なかでも中堅建設業は最も苦しい立場に追い込まれていました。
中堅建設業は、豊富な資金力と巨大な組織力をもつ大手建設業と、法律の厚い庇護の下にある中小建設業の狭間にあって、受注等の面で不利な立場にありながら、個別の存在であったために、これらの窮状を訴える場さえない状態でした。
そこで、志を同じくする92社が結集し、中堅建設業が一致協力して、経営近代化、合理化を促進することにより、自らの経営体質の強化を追求するとともに、中堅建設業の存在と役割を社会的に訴えていく団体として、日本建設業経営協会が設立されました。
翌、昭和51年1月、建設大臣から社団法人として設立を許可され、以後、中堅建設業を代表する全国団体として活発な事業活動を展開してきました。
平成23年11月、内閣総理大臣の認可を受け、同年12月、一般社団法人日本建設業経営協会に移行し、更なる事業活動の充実に努めております。

目的および事業内容
日建経は、建設業の経営の資質の向上に関する事業を行い、建設産業の健全な発展に寄与することを目的としています。
その目的を達成するため、次のような事業を行っています。

1.建設業の経営の健全化に関する調査研究
2.建設業の経営力の強化に関する調査研究
3.建設産業の経済動向に関する調査研究
4.建設技術の向上に関する調査研究
5.建設技術に係る共同施設の維持及び運営
6.建設工事に起因する生活環境の変化に関する調査研究
7.官公庁及び関係諸団体に対する建議、要望及び意見具伸
8.講演会、研修会等の開催
9.建設業の社会的使命の重要性に関する啓発並びに機関誌及び図書等の刊行
10.その他この法人の目的を達成するために必要な事業

事業活動
日建経は中堅建設業の基盤の確立と建設業の健全な発展に寄与するため、関係官公庁への各種の要望・提言、建設業関係団体との連携、調査研究活動、広報活動等を積極的に推進し、また、経営の体質強化を図るため、各種の講演会、講習会、見学会等を活発に行っております。
昭和62年10月には、付属機関として中央技術研究所を設立いたしました。この研究所は建設業界初の中堅建設業の共同研究所であり、設立以来着実に研究開発成果をあげ、建設業界の注目を浴びています。
日建経は、「建設産業の再生と発展のための方第2011」等に示された基本的方向に基づき、心を新たにして、自助努力を怠ることなく改革の実践に向けて諸課題の解決に真剣に取り組み、会員各社の発展と我が国建設産業の隆昌のため、一層努力することとしています。

協会の構成

1.正会員イ 本協会の目的に賛同する建設業者で資本金1億円以上の法人
ロ 理事会においてイに掲げる者と同等以上の技術力、施工力及び経営力を有するものと認められた建設業者
2.賛助会員正会員の資格を有しない建設業者又は本協会の目的に賛同し、その事業に協力しようとする者で、理事会において承認されたもの
正会員数は、平成28年4月現在25社です。
中堅建設業の特徴と役割
中堅建設業とは
中堅建設業は、昭和30年代の高度経済成長の過程で、公共事業、民間設備投資の増大を背景に、中小建設業の規模を超えて成長を遂げた建設企業群と言えます。
換言すれば、大手業者と中小業者の隙間をぬって、技術と市場の有機的結合に成功した中小建設業における成長企業群であり、中堅建設業者が戦後から現在にかけて我が国の社会資本の整備や住宅の建設など、国土建設と社会経済に果たした役割は極めて大きいものがあります。
国土交通省では中堅建設業を「資本金20億円未満、従業員が1,500人以下で中小建設業者に該当しないものをいう」(国土交通事務次官から各発注機関の長あてに出される「国土交通省所管事業の執行に関する通達」より)としています。
しかしながら、現下の厳しい状況に鑑み、従業員のリストラ等の結果、会員の中には官公需法の適用を受ける企業が生じています。

中堅建設業の特徴
中堅建設業は、仕事に対して誠実、意欲的かつ実践・実務型であり、トップの即断即決により、機動性に富み、いわゆる「小回り」がきくことが、あげられます。一方、技術力、人材、財務体質等は、大手企業と比較して小規模ではあるが内容的には必ずしも劣っているわけではなく、技術開発にも意欲的で、各々が得意の分野と技術を保有して、それぞれ特徴のある企業活動を続けています。
また、地方に本社を置く日建経会員はその地域における中核企業であり、地域経済に与える影響は大きいものがあります。
中堅建設業は、その能力に応じた市場においては、充分に効率的かつ相応の競争力を備えており、正当な評価を受けたうえで、適正な競争がなされることを望んでいます。
協会活動を支える強力な機構
協会本部機構
[総会]
総会(定時総会及び臨時総会)は本協会の最高決議機関であり、正会員をもって構成します。定時総会は毎年5月に開催され、役員の選又は解、財務諸表の承認などを決議します。

[理事会]
理事会は、総会に次ぐ決議機関として、総会に付議すべき事項、総会の決議した事項の執行に関する事項、その他総会の決議を要しない会務の執行に関する事項について決議します。

[委員会及び部会]
委員会は、本協会の活動を円滑に推進するため、調査研究等の活動を活発に行っており、現在常置委員会として、総務委員会、経営委員会、技術委員会の3委員会が設置されています。また、必要に応じて特別委員会を設置することとしています。委員会には必要に応じて部会もしくは専門部会、またはワーキンググループの設置ができることとなっています。

中央技術研究所
中堅建設業の技術水準の向上と効率的な技術開発に資するため、昭和62年10月中央技術研究所が設立されました。
この研究所は、会員の共同研究所として中堅建設業の共通の技術問題を研究するとともに、個々の会員企業の企業目的に沿った研究を行うことを目的とする我が国でも例のない共同研究施設です。
詳細は中央技術研究所のホームページを参照してください。